カラコン目薬

カラコン使用時の目薬について

 

カラコンを使用しているときに目に違和感を感じた場合、
目薬を上手に使うようにしましょう。

 

なぜ充血などの症状が発症するのか

瞳(眼球)では、涙が酸素の運搬を行い、角膜を介して酸素を眼球内に取り込んでいます。
人間の細胞は酸素がなければ行きていけません。
コンタクトレンズは直接瞳の上に乗せて装用するものですので、
酸素の運搬や取り込みに、少なからず悪影響を与えています。

 

カラコン使用時に目の乾燥や充血といったトラブルが起こりやすいのは、
上記のような理由があるからです。

 

こういった症状が起こったときには、カラコンを外して目を休ませるのが
いちばん良い方法ですが、外出時はそうも行きません。
(コンタクトレンズそのものにまだ慣れていない初心者さんの場合は、
目に思わぬ負担が掛かっている可能性があるため、すぐに外すようにしましょう)

 

不快感は目薬を使って改善してみよう

そういった場合は、コンタクトレンズ専用の目薬を使う事で症状が改善されることがあります。
ドラッグストアなどで手軽に購入することができますので、試してみるとよいでしょう。
ここでひとつ注意点ですが、ものもらいや花粉症などの目の炎症治療に使う目薬については、
カラコン含むソフトコンタクトレンズの装用時には使用できない場合がほとんどです。
カラコン装用時に目薬を使用する場合は、「ソフトコンタクトレンズ用」と言った
表記があるものを選ぶようにしましょう。

 

度入りカラコンを使っている場合、目の乾燥が原因で視力矯正が上手くいかなくなり、
乾燥していないときよりも物が見えにくくなる、といったこともあります。
目薬をさすことで大幅に改善することもあります。

 

また、乾燥があまりに酷いときや違和感が目薬を使用してもなくならない場合は、
角膜に傷がついていることも考えられます。 早い時期に治療すれば、
カラコンを装用したまま使用できる目薬を処方してもらうこともできますので、
時間を見つけて早めに眼科医の診察を受けるようにしましょう。

 

目薬を使う以外の対処法

カラコン装用時はつけまつげやマスカラ、アイラインなどのアイメイクをすることで、
目の違和感や乾燥を引き起こしやすくなります。
マスカラの繊維が目に入っていたり、粘膜仕込みしたアイラインが
目の表面に触れてしまって知らぬ間に傷をつけている可能性もあります。

 

アイメイクをしている場合、目薬をさすのが困難になります。
目薬をさすとどうしても薬液が目尻からこぼれ落ちますので、
アイメイクが崩れる原因を作ってしまいます。
そう考えると、ワンデータイプのカラコンを使っている場合は、
予備を何枚かポーチに入れて持ち歩いておくと安心です。
ワンデー以外のカラコンを使う場合は、目薬の他に洗浄・保存液と
ケースを持つようにすると良いでしょう。

 

カラコンを使用する際の軽度のトラブルは、
目薬を上手に使う事で対処してみましょう。