カラコン初心者

カラコン初心者が気をつける事

 

通販サイトやドラッグストアでも、度なしカラコンなら簡単に手に入れることができます。 手軽にカラコンを使ってのおしゃれを楽しめる時代になったからこそ、初めてカラコンを使うときには、さまざまな注意点を頭に入れてきましょう。

 

 

 

カラコンのみならず、コンタクトレンズ自体を初めて使うという人は
様々な事に注意する事が必要です。

 

手始めに眼科を受診しよう

「カラコンを使ってみよう」と決めたら、まずは眼科医の診察を受けましょう。 
度入りのカラコンを使う場合は度数の記載のある処方箋が必要ですし、
さらに手軽に手に入れられる度なしのカラコンを使う際も、診察は必ず受けるべきです。

 

何故かというと、カラコンは「高度管理医療機器」という名称がつけられています。
体の粘膜部分に直接装用する商品ですので、病気や失明といったリスクも
高くなっているのです。自分では自覚がなくても、角膜に傷がついているかもしれません。
また、自分の瞳に合ったベースカーブのカラコンを選ぶことも重要です。
病院に行くと、それらを医師や検査技師といった人が的確な処方箋を提出し、
カラコン選びの助けをしてくれます。

 

病院に行くことで、正しいカラコンの装着方法を検査技師からアドバイスしてもらうこともできます。
まずは病院へ行き、目の異常がないかを確認してから、カラコンの購入に進みましょう。
視力矯正の必要がある場合、度入りカラコンの処方箋を作成してもらいます。

 

さまざまな購入方法

病院に行き、目に異常がないことを確認できたら、購入方法の選択に入ります。
自分に合った形状・ベースカーブの処方を確認した上でなら、ドラッグストアでも
安心して購入することができます。

 

また、コンタクトレンズ専門店に付属して眼科医院が設置されている場合も多いので、
眼科を受診したその足で、専門店にて購入するのもお勧めです。
自分自身のデータを継続的に保管してくれますし、自分にはどのようなカラコンが
合うかを計りかねた場合、店員にアドバイスを求めることもできます。

 

通販サイト利用時の注意点

自分の欲しいカラコンが決まっている場合、通販サイトを利用するのも良いでしょう。
ただ、注意する点が1点あります。日本国内の規格におさまるカラコンは、
着色直径が14.5mm以下のものと言われています。
そのサイズを超えるカラコンも通販サイトで売られていますが、
それらの商品は海外から個人輸入することになります。
個人的には、国内のカラコン製品である程度扱いに慣れてから、
これらの商品を購入することをお勧めします。

 

通販サイトで注文するときには、度入りコンタクトを購入する
場合のレンズの度数や、ベースカーブの値に間違いがないように気をつけます。
また、通販サイトはとても便利なのですが、度入りコンタクトを処方箋なしで
買うことも可能なため、眼科医の定期的な受診を怠りがちです。


 

カラコンの使用方法を把握し、装用時間等の用法を守った上で、
眼科医の診察を定期的に受けるようにする、というポイントを押さえておきましょう。