カラコンベースカーブ

ベースカーブって何?

 

カラコンを購入する際に、通販サイトなどで商品ページを参考に眺めていると、「BC」「DIA」といった表記があることに気づくと思います。
これらはソフトコンタクトレンズを購入する際に必要な値で、
「BC」は「ベースカーブ」、「DIA」は
「コンタクトレンズそのものの直径」を意味します。

 

 

ひとつ注意したいのは、DIAの値についてです。これはカラコンの色がついている部分である
「着色直径」の値ではなく、レンズの透明部分も含めたレンズ全体の直径を示しています。
ベースカーブの値は、カラコンを快適に装用するためにとても重要なものなのです。

 

ベースカーブの数値の基本

ベースカーブは数字が大きいほどカーブが緩く、
数字が小さいほどカーブがきつくなります。
ベースカーブが9.0のカラコンより、8.3のカラコンのほうがカーブが
きついということになります。

 

日本人のベースカーブは大体8.5〜8.7ほどなので、国内製のカラコンは
だいたいその数値に近いベースカーブで作られています。
アメリカ人になると、ほとんどの人が9.0ほどとのことです。

 

自分自身のベースカーブとのずれが±0.2mmほどでしたら、
さほどの違和感がなく装用することが可能です。
また、カラコンはソフトコンタクトレンズで作られているのでレンズ自体が柔らかく、
ベースカーブがずれていたとしてもフィットしやすいとも言えるでしょう。
しかし、だからと言って安易にベースカーブを自己判断で選ぶのはよくありません。
日本人の平均のベースカーブについて先ほど述べましたが、
あくまで「平均」であることを忘れてはいけません。眼科医の診察を受けたら、
ベースカーブが平均からかなり外れていた、ということも十分にあり得ます。
(筆者の知人で視力矯正のためにコンタクトレンズを作ろうとしたところ、
ベースカーブの性状がかなり特殊で、ハードコンタクトレンズでないと作ることが
出来ない、という診断を受けた人がいました。参考までに。)

 

ベースカーブと自分の瞳のバランスを取る

どうしても自分の欲しいデザインのカラコンがあり、そのカラコンのベースカーブと
自分のベースカーブがあまりにも離れた数値になってしまっている場合は、
装用時間を短めにするなどの対策を取ることが可能です。
自分自身のベースカーブを知ることで、疲労や充血、そこから派生する
頭痛といった体の症状を防ぎ、目の健康を守ることにも繋がります。

 

逆に、自分自身のベースカーブを知らないままでカラコンを購入してしまうと、
上記のようなトラブルを引き起こしやすくなってしまう、と言えるでしょう。

 

カラコンを購入する際は、大事な目の健康を守るためにも、
まず最初に眼科医の診察を受け、ベースカーブを含めた自分の
目のデータを頭に入れておくようにしましょう。