カラコンワンデー

デカ目効果のあるカラコンとは

 

みんながカラコンを使うときに目指す効果のひとつである
「デカ目効果」

 

このデカ目効果を求める場合、
どのようなカラコンを買った方が良いのでしょうか?

 

 

  • 黒目の強調に注目する
  • カラコンの中でも、コンタクトレンズの縁に着色されていて黒目部分は
    透明になっているものがあります。
    黒目の縁を強調するような設計になっているのですが、
    このタイプについてはデカ目効果があることで有名です。
    縁の色をブラックにしたりブラウンにしたり、
    縁の形態を変化させたりすることで、表情の雰囲気も変わります。

 

  • 着色直径の大きい物を選ぶ
  • また、着色直径に注目するのも、
    カラコンのデカ目効果を比較するのに大切な要素です。
    着色直径とは、カラコンのレンズの色がついている部分の直径を示しています。
    この直径の値が大きいほど、デカ目効果が大きくなります。

     

    日本人の黒目の大きさは、平均で12.5mmほどと言われています。
    これを考えると、自然なデカ目を目指すなら、13mm程度の
    着色直径の商品を選ぶと良いでしょう。

     

    自然でなくても良い、とにかくプチ整形なみに目の印象を変えたい!
    と望まれる方もいるでしょう。
    そうなりますと、14mm以上の着色直径の商品に目を向けることになります。

 

  • 着色直径を選ぶ際の注意点
  • 規格内では着色直径は14.5mmが限界だと言われています。
    しかし、実際は14.5mm以上のものも通販サイトなどで購入可能に
    なっているのですが、これらの商品は個人輸入と言った形で
    購入することになりますので、注意が必要になります。

     

    具体的な注意点としては、まずは連続装用時間をきちんとチェックしましょう。
    着色直径が大きいと、レンズそのものの直径も大きくなっている可能性が高くなります。
    チェックを怠り、連続装用時間を守らないことで、瞳に酸素が行き渡らなくなります。
    そうすると病気を引き起こしたり、最悪の場合は失明の原因にもなり得るのです。

 

また、国内の通販なら可能な返品・交換が出来るかどうか、
一度に何個注文出来るのか、届け先を自宅以外にしていないかなど、
個人輸入する際の一般的な注意事項も確認する必要があります。

 

注意事項がいろいろとありますが、個人輸入することが悪いことではありません。
装用時間に注意すれば、手軽にプチ整形レベルのデカ目を手に入れることができます。

ドレスアップする際だけでなく、コンプレックス解消になる可能性もあります。

 

デカ目効果を狙ってカラコンを装用することで、周りに与える印象はもちろん、
自分自身への印象も良い方向へ変えることができます。
装用方法を守って、カラコンで手軽にデカ目にチャレンジしてはいかがでしょうか?

 

こちらのサイトも非常に参考になります☆
カラコンワンデー